ディーラーで車を売るのは損?!

マカロン
ナポレオン
HOME => 車の買い換えをする時の事を言います

車の買い換えをする時の事を言います

車の買い換えをする時の事を言いますが、私の場合は、少しでも得をしたい気持ちもあって、下取りに出さず、専門の買い取り業者を使ってて査定を受け、買い取って貰うことに決めています。どうやるかというとまず、ネット上の一括査定サイトをパソコンかスマホで表示し、売りたい車の情報や、ある程度の個人情報を入力、登録をしますと、業者の方から連絡がきます。メールの場合もありますが、電話連絡が多いようです。

普通、四社とか五社くらいから連絡がくるようです。

その時に、自分の車が幾らで売れるかを聴きます。

値段がわかったら、金額の良い2、3社を候補にのこしておいて、他の業者は電話できっぱり断ってしまいます。

車の査定額は天気によって変わります。

晴れた日に車をピカピカにして持っていくと見栄えもよく、どれだけ大切な車かという事も伝わって、少しは査定額が高くなると思います。

逆に雨天では、細かな傷のチェックなどができないため、いつもより査定員も慎重になり、査定基準の中でも最低の価格を提案されることもあるでしょう。以上から、車を査定して貰うなら晴れた日におこなう方がいいはずです。意外に思われるかも知れませんが、車のローン返済期間中は、車がローンの担保になっています。

ローンを完済していない車を売ろうとするならば、ローンを完済し、所有権をローン会社から自分に変える必要があるのです。

手続きが難しいと感じる方もいるかも知れませんが、多くの買取業者では買取額の中からローン完済分を立て替えてくれるのです。同時に、所有権を移す作業も業者が行ってくれるのです。買取金額とローン清算額の差額分を買取業者に後で支払うか、クルマの買取金額によっては差額を受け取ることが出来るのか、どちらかになるでしょう。

いずれにせよ簡単に手続きを済ますことが出来ます。

車の査定においては、なるべく高い査定額をつけてもらいたいものです。そしてそのための交渉のやり方があります。一つの例を紹介します。

最初にいくつかの業者をあたり、見積もりを貰うといいですね。

この時点ではまだ、価格交渉はしません。それらの中で、一番高い査定額を基準として業者との価格交渉をしていきます。これがうまく運ぶと、さらに高い金額が引き出せる可能性があります。

しかし、値をつり上げようと何度も繰り返すと、本気で売る気はな指そうだと思われてしまう事もあり、それは都合が悪いですから、気を付けた方がいいでしょう。

普通、車査定を受けるのに良い時期は3月が良いといわれています。どうして3月が良いのか気になりますよね。

調べ立ところ、生活環境が一新する4月は、車が必要になる人が多くなり、中古車市場が大聞く動く時期だからです。

買いたいという業者も増え、買取価格も市場の変動とともに、高めに見積もって貰える事が多いようです。それに付け加えると、この時期は自動車税も関係してきますから、3月のうちに売却まで進めてしまう事が一番でしょう。業者に車を査定して貰う際、新品のタイヤに近ければ査定額が変わってくるので、痛んでいないタイヤであることがベターだと言えます。状態の良いタイヤではなかっ立としても、タイヤ交換の必要はありません。

交換のコストは査定額アップに見合いません。スタッドレスタイヤとか社外アルミホイールなどに交換している場合、外して別に売った方が手間はかかりますが高く売れるようです。

車の買取を中古車買取業者に頼む際には自動車税にも注意しましょう。過去に支払った自動車税は月割りで返されるのですが、既に買取額に含まれていることもあるようです。複数の買取業者の間で比べてみた時に査定が高値だと思っていたのに、実のところ安かっ立という事態に陥ることもありますので自動車関係の税金の処理方法(あれこれと議論するよりも、実際にやってみて試行錯誤を繰り返す方がいいこともあります)はよく考える必要があります。

関連記事

道
Copyright (C) 2014 ディーラーで車を売るのは損?! All Rights Reserved.